Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

商品撮影サンプル

ワインボトルの商品撮影サンプル

投稿日:

ワインボトルの商品撮影サンプル

ワインボトルの商品撮影は、代行業者によって商品写真としての仕上がりに差が出やすいジャンルでもあります。
赤ワイン・白ワインなどの種類によってボトルの色やワイン本来の色が異なる撮影は、すべてを同じセッティングで撮れば中立的な商品写真にはなりますが、ワインボトルのそれぞれの特徴を捉えることはできなくなります。

またワインボトルの形状として、「いかり肩タイプ」は、ボルドー地方、「なで肩タイプ」は、ブルゴーニュ地方と産地よってワインボトルの形状も変化していき、同じ容量のワインでもボトルの高さや太さも異なります。

商品撮影において、商品を観察することは重要な作業工程であり、こうしたちょっとした雑学も知っておくと、産地ごとにライティングを調整したり、ワインボトルの高さによってグループ分けすることで、単純に撮る写真から、「考えて撮る商品撮影サービス」へと変わっていきます。

今回のサンプルは1つのワインに焦点を当てながら、ワインボトルの商品撮影についてご紹介していきます。

ワインボトルを白い背景を入れて撮る

まずは、格安の商品撮影サービスでよく見られる「撮っただけのワインボトル」の写真を見てみましょうw
いずれも白い背景を含めた余白ごとデータとして使用する角版カットとなります。

左側のワインボトルは、写り込みを軽減する対策はされていますが、ラベル部分の質感やボトル自体の発色に難が生じています。

対して右側ワインボトルの商品写真は、ボトルの向かって右肩の部分から写り込みが発生しており、ワインボトル本来の色合いや質感を邪魔しています。

例えば、こうした「少々難のある」ワインボトルの商品写真でも、小売店などが“とりあえずオリジナル画像”として用意するだけであれば、商品画像としての閲覧に耐えられるかもしれません。

しかし、地元で作ったオリジナルワインがボトリングされた「プロダクト写真」、つまりブランドが使用する写真として使用したい場合は、角版カットよりも、まずは「切り抜きカット」を想定した撮影の方が、商品のイメージや説明用の画像として重宝します。
※角版・切り抜きカットの違いについては、別の機会に詳しくご説明します。

ワインボトルを商品撮影して切り抜く

簡易的な切り抜きカットとして、ワインボトルの商品撮影を行った際のサンプルがこちらです。

ワインボトルの切り抜き撮影1

先程のワインボトルの写真と比較してみると、左側の照明の当たり具合と、ボトル自体に写り込みが生じていない点など、言わば“よく見るワインボトルの写真”だと思います。

ワインボトル撮影の注目ポイント

ワインボトルの撮影表現は、撮影スタジオやカメラマン、はたまたワインを販売する依頼元の意向によってもクセが出やすいものです。

18年以上前になりますが、当時、駆け出しだった私がワインバーに出張撮影を頼まれた時に、そこにいたソムリエに、赤ワインだけでもフルボディ、ライトボディがあって、バーの陳列方法も産地やテイストによって分けている・・などなど、ワインに関する熱いお勉強をさせて頂き、その後のワインボトルの商品撮影に役立った経験があります。

ということで、今回サンプルで用意した赤ワインは、「リーズナブルでフルボディな味わい」ということなので、上記の定番のワインボトルの撮影表現から、私のイメージした“このワインボトルだけに注目した撮影サンプル”を御覧ください。

ワインボトルの切り抜き撮影2

照明部分(白い反射部)にエッジを効かせて、ボトル右側の陰になる部分を多くし、重さを表現しています。
ワインボトルの撮影では、一定の技術的な基準を超えた場合、何が正解かどうかではなく、「撮影業者がどのような気持ちで撮影に取り組んでいるのか」を知って頂ければ幸いです。

流れ作業の格安業者でもワインボトルは撮れますが、買う人の気持ちなってシャッターを切ると、同じワインボトルでも見せ方は変わってきます。

アレンジを効かせてワンボトルを撮影する

ワインボトルの商品撮影の最後に、背景などアレンジを効かせたバリエーションサンプルを御覧ください。
この記事で使用したワインボトルはすべて同じですが、光の扱い方やセッティングの違いでのイメージの変化をお楽しみ下さい。

ワインボトル撮影バリエーション1

背景や演出方法など、ワインボトルの商品撮影のご相談もお気軽に♪

関連ページ
反射・光沢品の撮影料金
反射・光沢品の撮影料金について

商品撮影の分野で反射・光沢品とは何か? シンプルに考えるのであれば、時計や貴金属といった代表的なものから、反射して輝く!?という意味ではスマホ用のガラス保護フィルムやメガネのような、アイテムまで「光沢 ...

続きを見る

商品撮影のご相談はコチラ

弊社の商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/21

商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい!?

商品撮影のサービス料金、業界最安値! もし弊社が業界最安値の撮影単価のみに魅力を感じ依頼をしようとするネットショップに、破格の撮影料金を提示さえすれば、サービスとして強みになるのか? 個人的には、単純に料金を下げることには反対です。 最近はありがたいことに弊社の商品撮影サービスに対して問い合わせも増えており、ブログを読んで共感したという感謝しか無いお言葉を頂いたりと、気分的に“ほっこり”しているのですが、一方で、こんな問い合わせもあります。 たくさん出すから撮影料金を値引いてくれ! 商品写真のクオリティー ...

続きを読む

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/13

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

商品撮影のサービスというと、製品などの静物の物撮りはもちろん、着用イメージや使用方法などの説明用の画像に人物を含めて撮ったりと、幅広いジャンルのように思われるかもしれませんが、根本的には、「商品を主軸」に撮影プランが組まれています。 では、同じ商品撮影のスタジオワークとして、ウェディング撮影や七五三写真、ペットから建築写真や企業撮影などなど 撮影ジャンルが多岐に渡る場合、撮影業者(スタジオ)には各ジャンルごとに「専門のカメラマン」が存在するはずです。 例えば、私の場合は、企業向けの商品撮影から撮影キャリア ...

続きを読む

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/6

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

ECサイトの担当者が撮影代行を業者に依頼する。 こうした撮影オーダーの流れの中で、普通に考えれば、商品撮影を担当するのは、撮影代行を依頼した先、つまりスタジオの専属のカメラマンが写真を撮っていると信じている人も多いのではないでしょうか? もちろん例に漏れず、私もそう信じておりました。 しかし、最近ではネット上で手軽にカメラマンとの契約をする求人システムが盛んになっており、ECサイトの撮影代行をしている業者によっては、自社で撮影は行わず、外注カメラマンに委託することもあるようです。 弊社の場合、商品撮影を担 ...

続きを読む

洋服撮影のテクニック情報

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/29

洋服撮影のテクニックの情報があっても商品撮影を外注に出す理由

洋服撮影のテクニックは、ネットを探せばいくらでも自分で撮る方法を見つけることができます。 しかし、商品撮影サービスの仕事をしていると、自社で洋服を撮っていたけど、方向転換して弊社のような撮影業者に外注するネットショップも少なくありません。 洋服撮影を行うためのテクニックが書かれた記事や、動画サイトで撮影模様も確認して、洋服を撮るために必要な撮影機材も揃えたにも関わらず、弊社の商品撮影サービスを利用することにしたのはなぜでしょうか? 前向きに考えれば、自社で洋服撮影を行い、売上が上がったことにより外注費用の ...

続きを読む

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/22

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

物撮りの格安サービスについて撮影業者として、何かと意見を申し上げている当サイトですが、何年かぶりにネット上で「物撮り」を行っているサービスサイトのページを拝見してみたら、「衝撃の!」とか「なんと!」のような感嘆符を用いて、いかに自社の物撮りが格安の料金体系なのかをアピールしている状況というのは、数年前からそれほど変わっていないようです。 商品撮影、特に物撮りジャンルは、個人・企業含め相当な数のサイトが乱立しており、価格を下げた商品写真の提供を心掛けなければ、撮影だけで生き残るのは難しい時代なのかもしれませ ...

続きを読む

-商品撮影サンプル
-, , , ,

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.