Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

商品撮影プランの種類と料金比較

商品撮影プランの種類と料金比較

商品撮影サービスとして、弊社が取り扱う物撮りの撮影プランは、「ハンガー吊るし撮影」、「平置き撮影」、「トルソー撮影」、「ピン留め吊るし撮影」、「反射・光沢品の撮影」と、大きく分けて5つの撮影料金のプランがあります。
一般的にネットショップで採用される安価なプランでは、ハンガーや平置きという方法になりますが、当サイトでも何度か記載しておりますが、同じ撮影プランでも、「光の使い方」で消費者に与える印象は大きく変わります。

撮影プランや料金の選択としてトップス(Tシャツ)の簡単な例を挙げてみましょう。
Aショップは、商品の品質よりも安く・大量に販売するためのアイテム、逆にBショップは、限定生産のデザインから素材までこだわった高級感のある商品。
これら異なるタイプの商品が、同じTシャツとしてカテゴリー分けされ、大手通販サイトで同列に表示されるとします。

当然ながら「こだわりの商品」を扱うショップにとっては、差別化を図りたいと思いますので、撮影方法を検討する必要があります。

続きを読む

撮影プランは目的に合った種類を選ぶ

上記の大量販売用の商品は、陰影を使った撮影方法などで「素材感が鮮明になる撮り方」は逆効果になります。
素材の薄さやディテールの粗が目立つようになるので、撮影の種類としては、単純に平置き撮影で照明も素材感が目立たない程度に調整されるのがベターな選択になると考えます。

対して「こだわり商品」を扱うショップも撮影料金だけを考えて同じような撮影方法を選択してしまえば、「伝えるべき商品品質」が消費者に届かないことになるばかりか、大手通販サイトに同列に表示された時に、「単純に高い商品」という判断をされかねません。

ベターな撮影方法としては、トルソーなどの立体感を出す撮影プランで品質の高さや素材の良さをアピールし、ライティングも撮影業者と相談しながら安価なアイテムとの差別化を図る目的を持って、撮影プランの種類を選択するべきです。

これは単に、ライバルショップとの差別化だけではなく自社のECサイト上の取扱い商品にも言えることです。

ネットショップのデザインの統一という視点で、サムネイルで一覧表示される商品画像の撮影方法や種類を統一することも1つの判断ですが、同じショップ内で売り出し方や価格帯が違うもの、例えば、「通年主力商品とセール品が混在する場合」などは、主力商品はトルソー撮影やピン留め撮影を併用する、その他はハンガーや平置きで商品写真を統一するなど、撮影パターンで商品陳列時に「商品のランク付け」を消費者に意識させることも可能です。

販売側としては、「全部アピールしたい!」という気持ちも分かりますが、もしも撮影方法の違いで、「この店はワンピースの品質は良さそう・・」という印象を消費者に与えることができたなら、「販売戦略の武器になる」と感じませんか?

商品撮影サービスは価格の安さで撮影プランを選ぶことも大切ですが、撮影方法の種類を通じ、どう展開すれば消費者の満足度を上げることができるのかを見直していくことも重要です。

是非、最適な撮影プランや料金の設定方法、演出相談もお気軽にお問い合わせください。

商品撮影のご相談はコチラ

撮影プランの料金詳細を比較

商品撮影サービス撮影プランは撮影代行業者によって、上限カット数などの撮影内容の詳細や料金も異なります。

仮にサイト上に掲載されている金額が、1カット300円!と表示されていても、実際は「1商品4カットから受付」という申し込み条件があったりと撮影料金プランの表示は、スタジオごとの特徴をしっかりと把握しておく必要があります。

ECサイト向けの商品撮影の料金は「商品単価」で表示されている方が、依頼元も撮影内容と料金への理解が容易であり、写真1枚あたりの計算表示は、単純に撮影料金の安さをアピールしているだけのパターンもあります。

写真品質という部分を除けば、撮影プランの料金の比較は次の詳細項目を確認しておきましょう。

・1商品あたりの上限カット数を比較する
・小ロット対応時の基本作業費の有無や料金
・アイロン掛けやメディア納品などのオプション費用を含めた撮影単価をチェック
・1回分の撮影数による割引適用の有無
・定期的なオーダーや撮影内容のカット調整による割引対応の有無
・各種画像加工を予定している場合は、オプション費用とのバランス

撮影数やカット内容の詳細から1商品あたりの総額で撮影料金は見ていきましょう。
また最終的に業者を選ぶ際は、何より商品写真をキチンと任せることができる代行業者なのか?を検討することをオススメします。

撮影プラン 料金単価 上限カット数 無料壁紙背景など
ハンガー吊るし撮影 1,000円/点 4 カット 選択可
平置き撮影 1,300円/点 5 カット 床材可
トルソー撮影 1,500円/点 8 カット 選択可
ピン留め吊るし撮影 1,800円/点 4 カット 要相談
反射・光沢品の撮影 2,000円/点 3 カット 床材各種あり
  • 1回分の撮影総数による基本作業費用の有無については、該当プランの詳細ページをご確認下さい。
  • 上限カット内でメインカラー+カラー展開分でカット調整をする際は、カラー展開分の単価を値引き可能なケースがございます。
  • 弊社備品として在庫のあるカベガミ背景、カラー背景、床材各種は、無料にて使用提供します。
  • ピン留め撮影時の壁紙背景希望時は、「背景カベガミへの損傷」がありますので、背景使用丈分をお客様買い取りにて対応します。
  • 撮影プラン全体の共通オプションにつきましては「撮影オプションのご案内」をご参照下さい。

無料で全撮影プランに適用される項目

それぞれの撮影プランごとに「キチンとした商品撮影サービス」を、実感して頂くために必要な作業項目があります。

アパレル商品であれば、スチーマーによる畳みジワの解消やタグの処理は必須項目とも言えます。
また撮影プランを選ぶだけではなく、商品ジャンルやネットショップのイメージ合わせた撮影背景の変更が可能な点も弊社のこだわりの1つです。

他社ではオプション費用の追加項目として扱われることが多い作業に対して弊社では、撮影プラン料金の明瞭化を目標に、全て込みの無料サービスとして扱っております。

無料作業項目について

  1. スチーマーシワ伸ばし(畳みジワ対策)
  2. 商品タグ付け直し(透明タグ)
  3. 画像使用期間や使用先の制限なし
  4. 納品画像の指定サイズ処理
  5. 壁紙およびカラー背景の提供
  6. ライティング(照明)指定
  7. ネットショップ運営の無料相談
  8. CDまたはDVDによるメディア納品

他社との料金比較よりも大切なこと

他社との価格比較について

商品撮影の料金を公開するということは、撮影スタジオごとに適正な価格、つまり「作業量に応じた料金」を偽りなく明示することだと思います。
そうした視点で考えれば、「他社よりも○○円安いでしょ!」という最近の撮影サービスの宣伝文句にありがちなキャッチコピーを使う必要はありません。

ネットショップのオーナーさんが撮影業者を選ぶポイントとして、「他社との料金比較」は1つの参考項目ではありますが、何かのオプションをプラスしたら逆転してしまうような、不親切な価格の表示や比較表は、自社の料金体系を分かりづらくするばかりでなく、「安くするための作業工程」を考えるようになっては、撮影代行業者として本末転倒の話にも繋がります。

続きを読む

撮影方法や内容で商品撮影サービスは選ぶ!

弊社の経験として、他社との撮影料金ばかりを気にしているお客様とは長い付き合いにはならない。
対して、弊社と長く付き合いのあるお客様とは「料金だけの繋がりではない」ので、多少の無理も互いに言える立場にあったりします。

1回の撮影料金の高い安いは、実際に商品写真を掲載販売し、その後の売上で正確な数字を読み解くべきであり、総合的に見れば、撮影依頼時に予定せず増えてしまった商品を、長い付き合いの中で「ご贔屓にして頂いているのでこの作業はサービスしときます!」、こんな会話や対応があったならば、1点あたりの単価など簡単に覆ってしまいます。

この矛盾を例えるならば、新しいスマホが発売され、少しでも安く購入したい!これは普通のことです。
こうした「モノ自体に変化がない商品」であれば、「料金の比較」は重要項目であり、これを否定するつもりもありません。

しかし、商品撮影という分野は、「モノ自体が、業者によって異なる商品」だと考えれば、「他社との料金比較」が、どれだけの意味を持つものなのか?想像ができてしまいます。

自社のサービスを分かりやすく理科してもらい顧客を引き寄せるというのは難しいことです。
特に競合が多い業界でサービスを展開するには、安価な料金設定は武器になることも事実です。

弊社の商品撮影そのもの、またはサービス全般に対していくら払って頂けるか?
これは撮影を担う業者やスタッフが、常に問い掛けるべきことであり、単純に料金単価やカット単価を他社と比較して公開することは撮影代行業者を探している人にとっては、撮影内容や品質が違う時点で、意味を成さないと考えています。

商品撮影の料金についての情報は動画でも紹介中です!

商品撮影のご相談はコチラ

更新日:

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.