Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

商品撮影サンプル

メガネとサングラスの商品撮影

投稿日:

メガネとサングラスの商品撮影

メガネサングラス商品撮影が盛んになった背景として、本来はメガネを指す言葉ではなかった、「アイウェア」という考えがファッション業界で使用されたことで、メガネ、サングラスやゴーグルなど、度付き、度なしメガネを問わず、ネットショップの通販サイトでも、ファッションアイテムとして広く扱われる商品となりました。

これらのアイテムの商品撮影を行おうと試みた時に、透明なレンズやサングラスの用にレンズ部分が鏡面になる商品では自社撮影を諦めるネットショップも多いはずです。

メガネやサングラスの、基本となる説明用の商品写真では「清潔感のある印象」は欠かせません。
理由としてはファッションアイテムと言えども、目元のデリケートな部分を覆う商品ですので、撮影前にしっかりと下準備をしておかないと、レンズ部分の手垢やホコリが目立ってしまい、補正処理にも時間がかかります。

そして何よりメガネとサングラスにはレンズの写り込みに配慮することが大事です。
商品撮影のスタジオによっては、透明なレンズもサングラスも同じセッティングで撮ってしまうところも多いようですが、本来はレンズの反射率や透過性を考慮しながらライティング等も分けていくことで、メガネやサングラスの質感の違いも表現できるはずです。

弊社で行うメガネ・サングラスの商品撮影では、まずはベーシックな撮影方法をご紹介し、さらに製品画像としてクオリティーを上げていく場合には、別途お見積りとなります。

まずは、基本的な商品撮影サンプルを御覧頂いて、写真品質を検討頂ければと思います。

透明レンズのメガネの商品撮影サンプル

色の無い透明なレンズのメガネ撮影ではレンズ自体の写り込みは少ない傾向にありますが、メガネのフレームにも配慮した作業が必要です。

レンズ自体に反射する要素はなくても、黒縁メガネやメタルフレーム仕様など、ツヤのある素材が使われいる際は、そうした部分をどう表現するのかは商品撮影サービスによって差が出る部分となります。

薄い色合いのサングラスの商品撮影サンプル

サングラスの部類でも透過率の高い薄い色合いのレンズがあります。
ネットショップで購入する消費者が、太陽光の下でどのくらいのレンズの透過が生じるものなのかを説明する意図も商品写真に求められるパートです。

またこうした色の薄いサングラスの特徴としては、光の当たる角度によってレンズ反射時のグラデーションも変わるので、ポイントとなるカットでは、レンズ部分にピンスポットライトを当てて商品撮影を行うと、品質と色合いを消費者につ与えやすくなります。

濃い色のサングラスの商品撮影サンプル

サングラスの商品撮影の中でも色の濃いサングラスや、スポーツサングラスなどの玉虫色に変化するレンズを使用している商品は、写り込みは無論ですが、特にレンズの反射の仕方や透過性の度合いなどに配慮して作業を行います。

サングラスの撮影時に、透明なレンズと同じようなアングルで正面カットを撮影しようとすると写り込みは発生します。商品撮影サービスの業者の中には、反射、写り込みの激しいレンズを正面にしたカットは撮らないという雑な対応を受けたという話も聞きますが、色の濃い薄いに関わらず、基本となるアングルでも例外なく統一して撮影対応は致します。

メガネ・サングラスの商品撮影まとめ

商品撮影サービスの業者がサンプルとして出しているメガネやサングラスの写真で注意しておきたいのは、綺麗な写真であることは前提でありますが、正確な色合いでメガネやサングラスを構成するレンズやフレームが表現されているのかをチェックしましょう。

イメージ写真を撮る場合、メガネやサングラスは、商品撮影の方法によって大きく印象は変わりますが、プロダクト用写真として追い込むには撮影準備や作業工程も増えるため1点あたりの撮影費用も上がりますが、訴追力は必ず増します。

またメガネやサングラスは、白背景のみで完了させるばかりではなく、商品の再現性を重視するのであれば、切り抜き作業を視野に入れた商品撮影の相談をしてみることも大切です。

ネット通販で扱われることが多くなったメガネやサングラスですが、少しの色合いの違いで違和感を感じやすい商品ジャンルでもありますので、商品撮影サービスをご利用の際は、撮影方法を含めサポートしてくれる業者を選びましょう!

商品撮影のご相談はコチラ

関連ページ
反射・光沢品の撮影料金
反射・光沢品の撮影料金について

商品撮影の分野で反射・光沢品とは何か? シンプルに考えるのであれば、時計や貴金属といった代表的なものから、反射して輝く!?という意味ではスマホ用のガラス保護フィルムやメガネのような、アイテムまで「光沢 ...

続きを見る

弊社の商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/21

商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい!?

商品撮影のサービス料金、業界最安値! もし弊社が業界最安値の撮影単価のみに魅力を感じ依頼をしようとするネットショップに、破格の撮影料金を提示さえすれば、サービスとして強みになるのか? 個人的には、単純に料金を下げることには反対です。 最近はありがたいことに弊社の商品撮影サービスに対して問い合わせも増えており、ブログを読んで共感したという感謝しか無いお言葉を頂いたりと、気分的に“ほっこり”しているのですが、一方で、こんな問い合わせもあります。 たくさん出すから撮影料金を値引いてくれ! 商品写真のクオリティー ...

続きを読む

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/13

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

商品撮影のサービスというと、製品などの静物の物撮りはもちろん、着用イメージや使用方法などの説明用の画像に人物を含めて撮ったりと、幅広いジャンルのように思われるかもしれませんが、根本的には、「商品を主軸」に撮影プランが組まれています。 では、同じ商品撮影のスタジオワークとして、ウェディング撮影や七五三写真、ペットから建築写真や企業撮影などなど 撮影ジャンルが多岐に渡る場合、撮影業者(スタジオ)には各ジャンルごとに「専門のカメラマン」が存在するはずです。 例えば、私の場合は、企業向けの商品撮影から撮影キャリア ...

続きを読む

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/6

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

ECサイトの担当者が撮影代行を業者に依頼する。 こうした撮影オーダーの流れの中で、普通に考えれば、商品撮影を担当するのは、撮影代行を依頼した先、つまりスタジオの専属のカメラマンが写真を撮っていると信じている人も多いのではないでしょうか? もちろん例に漏れず、私もそう信じておりました。 しかし、最近ではネット上で手軽にカメラマンとの契約をする求人システムが盛んになっており、ECサイトの撮影代行をしている業者によっては、自社で撮影は行わず、外注カメラマンに委託することもあるようです。 弊社の場合、商品撮影を担 ...

続きを読む

洋服撮影のテクニック情報

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/29

洋服撮影のテクニックの情報があっても商品撮影を外注に出す理由

洋服撮影のテクニックは、ネットを探せばいくらでも自分で撮る方法を見つけることができます。 しかし、商品撮影サービスの仕事をしていると、自社で洋服を撮っていたけど、方向転換して弊社のような撮影業者に外注するネットショップも少なくありません。 洋服撮影を行うためのテクニックが書かれた記事や、動画サイトで撮影模様も確認して、洋服を撮るために必要な撮影機材も揃えたにも関わらず、弊社の商品撮影サービスを利用することにしたのはなぜでしょうか? 前向きに考えれば、自社で洋服撮影を行い、売上が上がったことにより外注費用の ...

続きを読む

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/22

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

物撮りの格安サービスについて撮影業者として、何かと意見を申し上げている当サイトですが、何年かぶりにネット上で「物撮り」を行っているサービスサイトのページを拝見してみたら、「衝撃の!」とか「なんと!」のような感嘆符を用いて、いかに自社の物撮りが格安の料金体系なのかをアピールしている状況というのは、数年前からそれほど変わっていないようです。 商品撮影、特に物撮りジャンルは、個人・企業含め相当な数のサイトが乱立しており、価格を下げた商品写真の提供を心掛けなければ、撮影だけで生き残るのは難しい時代なのかもしれませ ...

続きを読む

-商品撮影サンプル
-, , , ,

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.