Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

商品撮影サンプル

吊るし撮影したスカートの切り抜き加工

投稿日:

吊るし撮影したスカートの切り抜き加工

アパレル向け商品撮影の方法として「吊るし撮影」は人気ですが、スカートなどのボトムスに属するアイテムでは、物撮り後に商品部分を切り抜き加工をする際に、吊るした箇所(ハンガーやピン)が目立ってしまうのでは?という心配をされる方もいらっしゃいます。

例えば、スカートをハンガーで吊るし撮影をする際には、どうしても商品を挟んでいるクリップ部分が目立ってしまいます。
トップス用のハンガーに比べて、スカートなどのボトムス用のハンガーにはクリップで留めるタイプが多いのですが、撮影後に商品の切り抜きを行う時には、生地を挟んでいるクリップ部分は邪魔になります。

吊るし撮影を前提にしているのだから仕方がないと諦めてしまう前に、スカートなどのボトムスを撮影予定の方は、「そのままでもOK、切り抜き後も綺麗に使える商品写真」のご提案をさせて頂きます。

弊社のプランの中でも撮影単価としても優秀なハンガー吊るし撮影の立体感のある写真は、単にハンガーに掛けて撮るだけではありません。

吊るし撮影には成形処理だけではなく、商品の特徴と利用目的を想定した下準備が必要になります。
今回は、スカートのハンガー吊るし撮影をサンプルに、撮って出し写真と切り抜き加工の活用パターンを御覧ください。

実践:吊るし撮影後の切り抜きサンプル

スカート吊るし撮り元画像

まずはじめに、撮って出しの商品写真を御覧ください。
タイトスカートを撮影するためにハンガーで吊るすのですが、スカートを留めているクリップ部分に注目して頂くと、商品をそのまま挟まず、前面にクリップが見えないように、後ろ側の生地のみをクリップで挟んでいます。

こうすることで、仮にウェスト部分にポイントとなるステッチや柄があったとしてもクリップで邪魔をされることはありません。

ただ、それだけ!?

と感じるかもしれませんが、クリップ留めする箇所を単純に後ろ側で留めただけでは、この写真のような成形はできません(どうやって前面部分が垂れてこないようにするのかは、ヒミツですw)

では次に、実際に商品部分だけを切り抜いた状態を見てみましょう。
ハンガー部分も取り除き、純粋にスカート部分だけを切り抜いたものです。

また画像の仕上げとして、切り抜き加工後に僅かに見えるクリップ部分をコピースタンプツールで補正します。

スカートの切り抜き加工した画像

もうお分かりかと思いますが、商品撮影の段階で、スカートを吊るしていたハンガーのクリップまわりを処理・下準備をすることで、撮影後の切り抜き加工のスピードも早く仕上がりも綺麗になります。

パソコンでクリップを消す処理をするのであれば、アナログ的な下準備など関係ないという意見もあるかとは思いますが、サンプルの商品は、柄もなく比較的シンプルな商品なので、切り抜き加工時にクリップ箇所を消す作業も簡単かもしれませんが、これが幾何学模様など、複雑なデザインパターンの場合は、レタッチ処理時間がそれなりにかかります。

商品撮影サービスを行う業者は、何でもデジタル処理に頼らず、「撮影段階でできる最善策」を惜しまず考え、作業を進めることが大事です。

応用:切り抜き加工した商品写真のバリエーション

まずは、実際に切り抜き加工をした商品写真を定番の真っ白の背景に合成してみます。
そして、バリエーションとして壁紙背景への合成サンプルも御覧ください。

切り抜き加工後の色彩調整

同じ切り抜き後の商品写真ですが、左右で微妙に違うことが分かりますでしょうか?
左のスカート画像は、切り抜き加工したものを白背景に重ねただけの商品画像、右側のスカート部分は、撮影時の照明から、合成後の背景に色合いを最終調整し、少し陰をつけたものです(陰は自由w)

そして次にやや奇抜ですがw、壁紙背景に合成したバリエーションです。

切り抜き加工バリエーション

今回のサンプル写真のようにの切り抜き加工を前提に撮影セッティングを行っていない商品写真を、背景合成後に最終的な画像として仕上げる際は、背景と馴染ませるために商品部分の明度などの微調整は欠かせません。

切り抜き加工した商品写真は、背景とのバランスにも注意する必要があります。

商品撮影と切り抜き加工の関係

商品撮影と切り抜き加工の関係

商品撮影をした後に切り抜き加工をするネットショップも多いと思います。
切り抜き加工は、主に商品画像のデザインする上で商品部分を切り抜くケース、またはアマゾンなどのメイン画像の背景の規定に伴って、白背景に統一する目的だったり理由は様々です。

白い背景として商品画像を形成する場合、商品撮影の段階で背景を白く飛ばす方法と、撮影した後で商品部分を切り抜き加工をする方法、どちらの方が適しているのかというご質問を頂くことがあります。

結論としては、いずれの撮影・処理手順でも後から切り抜き加工は問題なくできます。
ネットショップ用に敢えて言うならば、撮影サイズやセッティングにもよりますが、商品写真をそのまま白背景で使うのであれば、商品撮影の段階で背景を白く飛ばす方法をオススメします。

この理屈からすれば、「すべて同じセッティングで良いのでは?」と感じるかもしれませんが、本来は切り抜き加工を前提とした商品撮影では、「商品の輪郭や本来の質感を明確に表現すること」が必須となりますので、単純に背景が白ければ良いというものではありません。

商品の質感は光と陰の演出によって変化します。
切り抜き加工に特化した万能の照明セッティングがあるわけではなく、それぞれの商品をより訴追力のあるものにするには、商材ごとのアレンジが必要となります。

商品撮影した後の画像の使用用途によって背景を白く飛ばす方法が向いているのか、切り抜き加工を前提した手法が良いのか、撮影オーダーをする前にご相談頂ければネットショップ毎に適した方法をアドバイスさせて頂きます。

商品撮影のご相談はコチラ

商品撮影サービスの撮影照明のセッティングで料金が変わるのはおかしい!?

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/2/27

商品撮影の撮影照明のセッティングで料金が変わるのはおかしい!?

先日、弊社の商品撮影をご利用頂いた、アパレル商品を扱うネットショップの担当の方から、こんな話を聞く機会がありました。 某担当者御社(商品撮影.SHOP)は、撮影の照明セッティングの希望を出しても料金が変わらないから安心した 弊社担当基本作業費に1つ分のセッティング費用は入っていますので、特別なケース以外、撮影照明(セッティング)を変更したから高いということは、殆どありません そう伝えると、弊社に来る前に某撮影スタジオから、撮影照明(ライティング)によって、撮影料金が高くなると言われた経験を話してくれました ...

続きを読む

商品撮影サービスの単価は配送料も含めたコストで考えてますか?

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/2/19

商品撮影サービスの単価は配送料も含めたコストで考えてますか?

商品撮影サービスをやっていると避けて通れないのが、撮影料金、単価の割引交渉になるシーンです。 弊社の場合、撮影対象となる商品ジャンルやカット内容を検討して、“最大限の努力” は、行っているのですが、そうした調整を試みて、最終的なお見積書を作成、提出していても、稀に常套文句として発せられる言葉が、 「他の撮影スタジオは、もう少し単価は安くなるんだけど・・」 本当にサラッと言われる脅し・・いやwwお願いですw 本音としては、別のスタジオの撮影料金のシステムは、そもそも「撮影作業の内容も質も違う」と、事細かく説 ...

続きを読む

商品撮影サービスの業者が注目するネットショップで客が買わない理由

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/2/14

商品撮影サービスの業者が注目するネットショップで客が買わない理由

商品撮影サービスを通じて、ネットショップの売上向上を願い物撮りを行い、データを納品している私達にとって、ネットから商品を購入する消費者が増えることは、クラアントとの仕事上の関係を良好に保つことができる要因でもあります。 平成最後の年ということで、「ネットで商品を買う」という消費者行動を少し振り返れば、1995年に大手小売店のソフマップがネット通販に参入し、その後タワーレコードやアサヒビールなど続々とネットショップをスタートさせていきました。 ちなみに、今では主流となっている大手ECモールとしては、1996 ...

続きを読む

商品撮影も文章のライティングも代行任せで大丈夫なのか?

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/1/29

商品撮影も文章のライティングも代行業者に任せて安心なのか?

ネットショップの中には、商品撮影を行う業者に撮影と同時に商品ページのライティング(料金を払い文章や登録を代行・代筆)を依頼しているケースもあると思います。 商品ページのライティングの代行については、商品撮影とページ制作を同一の撮影スタジオ(業者)で行うことにより、消費者に向けた商品アピール(訴追力)が向上するというのが、宣伝文句として、よく見かけるパターンです。 商品撮影とページ構成(デザイン)の連携 簡単に言えば、同じ業者が商品撮影からデザイン・ページ制作まで行えばスッキリするよという話。 代行業者の言 ...

続きを読む

弊社の商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/21

商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい!?

商品撮影のサービス料金、業界最安値! もし弊社が業界最安値の撮影単価のみに魅力を感じ依頼をしようとするネットショップに、破格の撮影料金を提示さえすれば、サービスとして強みになるのか? 個人的には、単純に料金を下げることには反対です。 最近はありがたいことに弊社の商品撮影サービスに対して問い合わせも増えており、ブログを読んで共感したという感謝しか無いお言葉を頂いたりと、気分的に“ほっこり”しているのですが、一方で、こんな問い合わせもあります。 たくさん出すから撮影料金を値引いてくれ! 商品写真のクオリティー ...

続きを読む

-商品撮影サンプル
-, , , , , ,

Copyright© 商品撮影.shop , 2020 All Rights Reserved.