Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

反射・光沢品の撮影料金について

反射光沢商品の撮影料金TOP

商品撮影の分野で反射・光沢品とは何か?
シンプルに考えるのであれば、時計や貴金属といった代表的なものから、反射して輝く!?という意味ではスマホ用のガラス保護フィルムやメガネのような、アイテムまで「光沢・ツヤ有り」というキワードを入れ込むと商品ジャンルは実に様々なパターンが想定されます。

こうした反射や光沢商品と称される商品の撮影料金は、どこの写真スタジオも単価は高めになっています。
理由としては、光の調整と写り込み、そして成形という部分で作業項目、いわゆる下準備に多くの工数が必要となる商品ジャンルであることが挙げられます。

撮影に携わっていると、お客様からよくこんな質問をいただきます。
「高価な物ではないので、アクセサリーなどの装飾品を安く撮ってもらえませんか?」
頑固なスタジオですと、「いや、値段の問題ではなく、写真として安く撮れるものではない!」と考えるのがこの世界。
正直、商品写真に対してプロ根性をムキ出しにしていた時期は、我々も頑固なスタジオカメラマン同様に感じ “撮影業者が納得いく写真のために” 予算の確保をお願いしたかもしれませんが、ふと考えたことがあります。
「クライアントが欲しい写真と業者が撮りたい写真は違うのかもしれない」ということです。

続きを読む

反射・光沢品の撮影料金の相場は曖昧である

正直過ぎる見出しを付けてしまいましたが、いわゆる装飾品などの反射・光沢品の撮影料金の相場は曖昧です。
例えば、腕時計の撮影を受付けたとして、弊社の料金単価のように3カットで2,000円という数字を見たら、きっと他の写真スタジオは、

「そんな低価格で腕時計の撮影は受けられない」と感じるかもしれません。

一人のカメラマンとしては同意見ですが、先述したように、ネット通販では商品の入れ替えスピードが早いという事、更に想定されるのは、腕時計などの商品販売をする小売店の場合、メーカーから時計を仕入れ、サイト販売ページの顔となるTOP画像が、いわゆるメーカー写真を使用許諾されている事が多いのです。
そう考えると、この場合のクライアントの望む写真というのは、1カット数万するメーカー写真に対抗するキレキレの画像ではなく、「説明画像として成立している写真」ということになります。

ひと昔前の慣習にこだわり過ぎる写真撮影は、「ものづくりの精密さ」という部分では敬意を払うべき、そして受け継がれるべき手法です。
しかし、同時に時代とニーズに合わせた商品写真を提供することもプロとして大事なことだと考えます。

反射・光沢品の撮影料金のからくり

弊社がお届けする反射・光沢品の商品写真は、「スタジオレベルの最低限の価格設定」からスタートしています。
当然ながら、メーカー品質の鏡面仕上げ&光沢感のある艶っぽい写真が欲しい場合は、ご相談下さい!
ご紹介している料金設定が安いからくりは、反射アイテム特有の写り込みや屈折具合も業者として配慮した作業を行い、ネットショップ向け販促素材として納品する品質だからです。
また、クライアント側のニーズに合わせた撮影方法を模索するのも我々の仕事だと考えておりますので、表示されている反射・光沢品の撮影料金の単価でも高いと感じる場合も遠慮なくお申し付け下さい。

  • ※1 1回分の撮影数が10点に満たない場合でも15,000円を超える場合は、基本作業費の値引きが可能です。
  • 基本単価での最大画像サイズは横幅1800px/72dpiとなります。(最大サイズを超える指示は印刷用オプション対応)
  • 反射・光沢品撮影の上限カット内の納品画像すべての写り込み反射具合の調整を保証するものではありません。
  • 1商品毎にアングルなどカット内容の指示は可能ですが、同品番のカラー展開分を上限カットに1商品に含める場合や指定アングルによって、写り込みなどの都合上セッティング変更が必要になる場合は、別途お見積とさせて頂きます。
  • 事前の打ち合わせによって、高精度の撮影が必要となる場合は、別途撮影単価の見直しをさせて頂きます。
  • 希望カット内容によっては商品固定のため、グルーガンや撮影用固定器具等を使用する場合がございます。
  • 貴金属・ジェリーを配置するお客様希望の台座などがある場合は、事前にご連絡お願い致します。
  • 基本ホワイト背景以外も選択できますが、弊社備品在庫があるものは無料提供、その他に関しては別途お見積とさせて頂きます。
  • 同一撮影回でライティングを2パターン希望する際は、別途セッティング費用が必要となります。
  • 商品のクリーニングは撮影前に行いますが、貴金属類の精細撮影では、目視では分からない細かな傷がある場合がございます。
    ※撮影終了後のキズ消しは別途有料オプションとなりますのでご了承下さい。
  • 画像サイズの指定は、同一商品で2通りのサイズパターンを用意するものではありません。
  • 画像サイズの指定は、商品輪郭を切り抜く処理ではありません。
  • 先行ダウンロード納品は原則として、Web使用の画像サイズ分のみとなります。
  • メディア納品によるCD/DVDメディアは、返送商品に同封致します。
  • 商品返送先とCD/DVDメディアの配送先を変更する場合は、メール便にて別途300円にて手配致します。
  • 納品画像の使用・更新費用は弊社と直接取引のある企業または個人・団体が運営する先での使用は永年無料です。

反射・光沢品撮影の料金割引について

反射・光沢品の撮影は商品のジャンルや難度によって一括りにはできないものです。
例えば、商品蓋部分だけがガラス面の雑貨のように「光の反射などがコントロールしやすいもの」に対して、宝飾が細部にまで散りばめられた貴金属ジュエリーが「同じ料金設定」で、処理されてしまうのはヘンだと考えます♪
表示価格は平均的に予想される反射・光沢品の設定ではありますが、主力商品ではなく、アクセサリー小物でサブ的な商品だから、
・もっと簡易的に安く撮って欲しい!
・写り込み等はあまり気にしないが、綺麗な照明で撮って欲しい!などのリクエストにもお応えします。
もちろんそうした撮影方法に変更した場合は、大幅に値引き対応は可能ですので、高価な撮影料金で敬遠していたというお客様は、お気軽にご相談下さい。
また、月(シーズン)定期・50点以上の大量撮影を希望の場合は、表示価格より更にオトクな単価設定にて受付を致します。

撮影プランごとの単価比較はコチラ

反射・光沢品の撮影以外の料金プランについて

商品撮影ドットショップでは、反射・光沢品扱いになる撮影以外にも物撮りの撮影プランをご用意しております。
光沢品は材質や商品写真の仕上がり精度によっては、撮影単価の安い平置き撮影での対応を希望されるお客様もいらっしゃると思います。
例えば、メイン商品ではなくアクセントとして入荷している小物雑貨は、反射・光沢品の撮影扱いでは撮影料金が高くなってしまいますので、多少の写り込みが商品写真にあっても構わないという場合は、お気軽にご相談下さい。
仕上がり精度による調整および単価値引きも致します。

商品撮影のご相談はコチラ

更新日:

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.