Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

商品撮影サービスは、ネットショップやECサイト、広告用の商品写真の撮影代行を致します。
弊社のスタジオ撮影は、売れる写真や格安料金に頼った方針ではなく、商品撮影サービスとして必要な丁寧さと作業工程を重視した撮影代行を目指しております。

通販サイトで掲載するだけの商品画像から「素敵に素直に伝えるための商品写真」を納品する撮影代行サービスとして、弊社「商品撮影.SHOP」をご紹介させて頂きます。

商品撮影サービスの価値

商品撮影サービスの価値
商品撮影のサービスや物撮り写真の代行スタジオを利用する際は、撮影プランやカット単位の料金も重要ですが、ネットショップ・ECサイト側も「商品撮影サービスを利用する目的や価値」を理解することも大切です。

続きを読む

自社の通販サイトはもちろん、楽天市場、Yahoo!(ヤフーショッピング)、Amazon(アマゾン)など、商品写真の需要とともに、写真を撮るだけではなく、商品ページの作成やデザイン、商品登録時の説明文のライティングを代行するなど、サイト制作全般を請け負うサービス業者も増えております。

商品撮影サービスを軸にした代行業者の増加により商品写真の役割が、「きちんと撮る写真」から安価な撮影料金と納品スピードを基本とした「集客目的のシンプルな商品画像」になった印象を受けます。

簡単な決済システムや撮影作業の効率化に伴いネットショップの「商品写真へのこだわり」がサービスを提供する業者側で薄れているのは残念な傾向だと感じています。

商品撮影というサービスの作業負担で考えれば、業務の簡素化は撮る側のメリットだけが目立ち、「綺麗な商品写真=売上げ向上が叶う」という根拠のないPRサイトが目立っています。

撮影業者として提供する写真やサービスは、昔も今も「依頼先毎に必要な商品写真」であるべきです。
撮影代行先との打ち合わせもなく料金が決まるシステムやレーン作業でシャッターを押すだけの写真の量産に集客効果があるのかを判断することも大切だと考えます。

撮影実績と商品撮影サービスの満足度

商品撮影サービスの顧客満足度とは
商品撮影サービスの顧客満足度を冷静に考えてみれば、代行業者がサイト上で公開している撮影実績や料金を安く見せるためのカット単価表示のみで判断することは、カメラマンやスタジオの代行業者を選びに伴う、もう1つの側面を考えるべきです。

例えば、「今まで5,000件のネットショップの商品写真を撮りました!」
と、撮影業者が謳っていたとして、EC通販サイトを運営する人が欲しい情報は、撮影実績としての数字よりも、現在進行形で取引がされ、撮影代行サービスを継続されているのかという、本当の意味での商品撮影サービスの満足度と評価なのではないでしょうか?

写真を撮ることだけではなく、撮影代行サービスとは、お預かりする商品の検品や撮影進行の確認、ショップ毎のイメージを考えながらのライティングや現像編集など、写真スタジオとして必要不可欠な背景を考える必要があります。

「安くて!早い!売れる写真!商品撮影サービスならお任せ!」

こうしたキャッチコピーを弊社が絶対に使用しない理由として、「激安料金やスピード納品」には、良くも悪くも“何かしらの理由がある”ということを実際に撮影の代行を行っている立場として理解しているからです。

弊社の商品撮影サービスにこだわりがあるとすれば、「商品写真も作業工程も美しいサービス」を目指していることです。
撮影機材も経験豊富なスタッフも、依頼頂くお客様の意図や背景を考え、全力でサポートする取り組みを行っています。

商品撮影サービスの料金

現在のネットショップの商品撮影サービスの料金の傾向として、撮影業者を探すECショップ担当者に、「こんなに安く仕上がりますよ!」と受付前にサービス内容の質ではなく料金ばかりを過剰にアピールする撮影スタジオの集客方法には疑問を感じますので、商品撮影サービスの各プランの撮影料金は、オプション費用による撮影コストの増加がないように配慮しております。

料金の安さは撮影代行先を選ぶポイントにはなりますが、見た目の表示価格が他社と比較して安価であっても、仮にアパレル撮影を代行依頼した業者から、「服のアイロン掛けは有料です」と告げられたら、最初に表示されている撮影料金からオプション費用が追加されていき料金の総額を考えると、「微妙な撮影単価」になる商品撮影サービスに納得する人は少ないと考えています。

ハンガー吊るし撮影の料金ページ

ハンガー吊るし撮影

アパレル商品を扱うネットショップに人気の撮影プラン。トルソーや平置き撮影とは“ひと味違う雰囲気”に仕上がるのが特徴です。トップス・ボトムス・ワンピースetc、服だけではなくストールやマフラーなどの成形写真にも役立ちます。使用ハンガーも各種備品を揃えております。

平置き撮影の料金ページ

平置き撮影

物撮り撮影の定番となる撮影方法となります。説明用の商品写真や細部や素材感を伝えるパーツ撮りにも最適です。通常置き撮りが可能な商品サイズであれば、バッグやシューズ、アパレル商品のみならず、化粧品やインテリア用品など幅広い商品に対応します。シワ感の演出のご相談も承ります。

トルソー撮影の料金ページ

トルソー撮影

立体感を活かしたアパレル商品ならトルソー撮影がオススメです。各種コーディネートや撮影背景の変更や「背景白飛ばしライティング」による現場ワークにも対応いたします。腕付き、腕なしの選択や子供用のトルソーはもちろん、ホワイトトルソーによるインナー・水着の撮影も好評頂いております。

ピン留め吊るし撮影の料金ページ

ピン留め吊るし撮影

洋服のピン留めや吊るし撮影は経験とテクニックが要求されるプランです。カタログ雑誌や広告媒体では好まれる吊るしテクニックは画像切り抜き処理と併用することで、商品画像としての使用先や利便性は向上します。1カットで決める!ショップの主役となるアパレル商品に最適です。

光沢-反射物の撮影料金ページ

光沢・反射物の撮影

ジュエリー・貴金属・腕時計やコスメ用品をはじめとするアクセサリー、宝飾品の準ずる撮影に適したプランです。弊社無料背景もご用意しておりますので、商品ジャンルやイメージに合わせたご要望にも対応いたします。もちろん反射物ごとに個別のライティングやカメラ設定のご提案も致します。

撮影オプション一覧

その他のオプション

画像の切り抜き加工処理やカラー集合写真の追加など、撮影スタジオの品質で編集作業を行います。基本カット上限数を超える枚数を希望する場合やイメージ写真のバリエーションやレタッチによる商品画像のイメージ品質を向上させたいなど画像制作や編集処理へのご要望も承ります。

物撮りの種類と料金の比較

物撮りの種類と料金の比較
撮影プランには物撮りを行う上で必要となるカット数の確保や1点あたりの料金単価を比較して頂けます。
また各プランごとに商品写真として目的に合った表現をするヒントなども掲載しております。

商品撮影サービスサイトにありがちな、“他社との料金比較は行わない理由”も御覧ください。
物撮りの種類と料金の比較を行うことは、同じサービス品質を基準に行うと撮影プランの特徴が見えてきます。

撮影プランに付帯する無料サービス

撮影プランの無料サービス
商品撮影サービスの基本料金には、きちんとした商品写真を撮るために必要なものは無料で揃っています。

あそこは有料でもここなら無料!

全撮影プランに共通する無料の作業項目

アパレル商品など配送・梱包時についた畳みジワや布折れを専用スチーマーによりシワ伸ばし処理を行います。プレスでは無いので、生成り素材など自然な素材感はそのまま保たれます。

撮影作業の都合上、タグをカットしなければならない商品の後処理としてタグループの付け直しを致します。
※タグ紐を指定の際はお客様にて準備

画像販売き、除く弊社と直接取引のあるお客様管轄の使用先の範囲・期限及び延長費用は不要です。

商品写真の納品サイズは弊社規定のWeb用画像サイズ外のお客様指定サイズにて処理を致します。

オーダー時の基本撮影背景(ホワイト)から弊社備品として在庫のある壁紙背景やカラー背景ペーパーは無料にて変更設定可能です。

ライティング参考資料などを添付頂き、ご相談頂ければ希望のライティングに近づけた照明セッティングを行います。

弊社にて納品させて頂いてる商品画像使用ページの構成やライティングについて専門スタッフの無料相談が受けられます。※代行ではない

先行のダウンロード納品に加え、商品返送時にバックアップ用メディアも付帯します。

きちんと商品を預かり、撮影に向けた準備とサービスを提供するために必要な料金は明示させて頂きます。
弊社の各種撮影プランの料金やシステムは標準的ではありますが、作業項目に手抜きはございません。

商品撮影サービスの中には業者が大切にしなければならない準備作業項目があります。
決められた環境下で、ストロボを1灯しか使わない、または個別のライティングには対応しないというのは、「誰でも撮れる写真の証明」であり、制作費を投じる価値があるのかを検討すべきです。

当サイトの方針は、レーン作業では撮影せず、専属の正規カメラマンで写真を撮ることが重要だと考えております。
依頼する毎に商品写真の仕上がりが変わってしまったり、ネットショップの要望を汲み入れない撮影スタイルで悩んでおられるショップのサポートもしたいと思います。

「商品撮影サービスとして当然の仕事をする!」

そこには撮影料金の適正相場や必要な時間があると信じております。

商品ジャンルごとに最適な撮影をサポート

ネットショップが扱う商品やジャンルごとに最適な撮影方法は異なります。
商材に合った撮影背景やライティングで撮られた商品写真は、ショップが持つ世界観を引き出す力もあります。
弊社が撮影スタジオとして大切にしていることは、丁寧に正確な撮影代行業務を行い、満足のいくサポートを行うこと。
ネットショップ毎に特徴があるように撮影する商品のジャンルごとにも見逃してはいけない特徴があると考えています。

アパレル商品の洋服の撮影アパレル商品の撮影

アパレル商品の撮影には、ハンガー吊るしトルソー平置きピン留め吊るし撮影など様々な撮り方があります。メンズ・レディースの洋服に関わらず子供向けの服飾アイテムまでアパレル全般の撮影に対応します。

アクセサリー・指輪の撮影アクセサリー撮影

アクセサリー撮影ではネックレスなどの貴金属をより魅力的に仕上げるよう撮影背景のご相談も承ります。指輪やピアス、ブレスレットまで反射素材の宝飾品をしっかりとしたライティングで対応します。

腕時計の撮影腕時計の撮影

腕時計の撮影は、フェイス(文字盤)への映り込みや余分な反射を無くしながら、腕時計それぞれの個性が引き立つように、丁寧な物撮りを行います。背景素材のアレンジで腕時計をシックにもエレガントにも変貌させます。

靴・バッグ撮影靴・バッグ撮影

ファッション小物として平置き撮影がメインとなる靴やバックなどの商品も、それぞれのディテールを活かすためのライティングでお待ちしております。靴やバッグの商品写真は撮影スタジオで差が出るジャンルです。

メガネやサングラスの撮影メガネやサングラスの撮影

メガネやサングラスの商品撮影では、メガネレンズを真正面から見ても映り込みのない画像に仕上げます。レンズやフレームなど反射する要素の多い商品ですが、メガネやサングラスを光沢感とともに引き立たせます。

キッチン・インテリア撮影キッチン・インテリア撮影

キッチン・インテリア商品の撮影は、サイズや使用用途に幅広いジャンルがあります。ナイフやフォークなどの反射・光沢撮影、インテリア雑貨の平置き撮影など特徴やイメージを活かした撮影方法をご提案致します。

ガラス瓶・ワインボトル撮影ガラス瓶・ワインボトル撮影

ワインボトルや日本酒のガラス瓶などのボトル撮影には、ラベル部分や酒類ごとの細かなライティングが必要です。切り抜き用、イメージ用を兼ねた商品写真が必要の際は、「撮影オプション」をご確認下さい。

化粧品・コスメ撮影化粧品・コスメ撮影

化粧品・コスメ商品の撮影ではネット媒体のみならずカタログなどで印刷用解像度で使用することも多いと思います。化粧品・コスメ撮影にて製品画像として掲載使用に耐えうる最適な撮影方法のご相談も承ります。

食品撮影食品撮影

食品撮影に関しては常温保存できる商品が前提となります。イメージ撮影の必要性や、生鮮食品や調理が必要な食品撮影をご希望の際は、弊社商品撮影での対応の可否をご確認下さい。
※火を使う撮影は行いません。

撮影対応エリアと商品の保管管理

商品の配送と管理体制
商品撮影のサービス受付エリア日本全国対応しております!
見積り内容を確認後にお申し込みを済ませ、弊社宛てまで商品配送を行って頂ければ、到着物の品番チェック等を行い、撮影作業に入ります。

返却完了までが商品撮影サービス

依頼主からお預かりした商品を大切に扱い運用することも弊社の商品撮影サービスの強みだと考えます。
お預かり商品の取り扱いは、撮影まで防臭・脱臭機能のある専用ルームにて保管致します。

アパレル商品については撮影とは別日にて事前にハンガー掛け・スチームによるシワ取りはもちろん、撮影時にタグを切る・外すなどの処理をしたものは、弊社備品のアンビタッチ(タグループ)の付け替えも無料で行っております。
撮影直前に商品を開梱する、お預かり商品を畳まずに返送するなどの作業の省略は行っておりませんのでご安心下さい。

返送手配をする配送業者の指定及び到着日の指定も可能です。
定期撮影をご希望のお客様で、撮影毎に使用する御社アイテム(コーディネート用品)のお預かりも専用の倉庫にて保管・管理を致しますので、ご希望の方はスタッフまでご相談下さい。

お預かり商品について

・撮影商品の弊社到着日は、土日祝日問わず、随時受け取り、商品の確認チェック作業を致します。
・撮影前の商品は、「脱臭機能付きの専用スペース」にて保管致します。
・撮影の混雑状況により配送のタイミングを個別にしてさせて頂く場合がございます。
・必ず配送時に「お荷物番号と商品品番・数量」を事前に担当スタッフまでお伝え下さい。
・定形外郵便等、荷物のお問い合わせができない配送はご遠慮ください。
・返送時の指定配送業者または専用伝票がございましたらご指定頂けます。
・撮影商品の配送返送代金はお客様負担となります。
・お預かり期間の締切などがございましたら必ずご連絡下さい。

弊社発送にて商品撮影サービス申し込み撮影後にお預かり商品を2日以内に返送到着実績のある都道府県(※繁忙時期により変動します)

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知,三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄

撮影相談とネットショップ運営のアドバイス

資格とサービス

弊社のスタッフは、「Google公認のデジタルワークショップ認定証」を保有しておりますので、弊社の商品撮影サービスをご利用頂いているショップ様に限り、無料にて客観的なアドバイスをさせて頂くことも可能です。

適切な商品ページの運用で商品写真の効果は変わります。
既存の他社サービスのような料金徴収型のアドバイスではなく、「撮影業者と納品先ショップとの良好な関係」をベースに、お互いが向上することで、発展できればと考えます。

商品写真が綺麗だと売上がUPする!?
専門の業者にデザインや商品ページ制作を依頼したから安心!?

楽天市場・Amazon(アマゾン)・Yahooショッピングなど、初めてECサイトを開業、運営する企業や既にネット通販をしているECサイトが、こうした宣伝文句を信じて結果が出ていないのであれば、まずは通販サイトの構造や代行されたライティング文章や構成に問題がある可能性もあります。

まずは商品撮影だけではなく根本的なテコ入れも取引先のショップ様にはご相談・アドバイスをさせて頂いております。

利用者の声とサービスへの取り組み

サービス利用者の声
商品撮影サービスの利用者の声として、こんな言葉を頂くことがあります。

返却された商品が整頓されていて驚きました
商品ごとに欲しかった予備の撮影カットがあるなんて嬉しい
倉庫から直送だったので、自社で気づけなかったポイントも撮影されていた
安くなる撮影方法やカット内容の改善の提案を初めて受けた
事後報告ではなく、事前に商品状態の情報をもらえて助かった

こうした貴重な評価や意見を頂く利用者に共通しているのは、「他社の商品撮影を経験済み」という事です。
弊社としては何も変わらない撮影に関する当たり前のサービスを提供しているのですが、不思議な現象です。
撮影時にお預かりした商品を元の状態に戻す、撮影を進める上で「このアングルも必要かも?」と現場で感じたので、予備のカットとして納品する、平置き撮影の成形時に「小さな飾り糸」があったので、撮影指示は無くても商品説明として必要なので撮る。お客様にとって利益の無い方法は薦めない。

続きを読む

これは効率化を進める撮影業者には真似ができないサービスかもしれない!?
そう感じはじめたのは、弊社に商品撮影サービスを乗りかえるお客様が増えてきた時期からでした。

普通に納品したら感謝される・・

例えば1,000円の撮影で料金に見合ったサービスを受けると人は「普通」だと感じます。
しかし同じ1,000円の撮影でも対応の仕方で顧客満足度は上がる。

これは同一価格という条件ではなくても、同じような評価を頂くことがあります。
きっと商品撮影サービスを乗りかえるショップには、何か理由があったはずです。

低価格ではあっても商品写真以外のサービス対応に不満があった。
あるいは現実的に写真を変えても売上が上がらなかったなどが考えられます。

商売とは感動を与えること

先人の名言でこんな言葉がありますが、現在の商品撮影サービスにおいても貴重なメッセージのように思います。
「写真を売る」という観点で、商品撮影サービスを考えるなら、「いかに多くの取引先を増やすか」に没頭することになりますが、“自社のサービスを売る”という姿勢で撮影代行を行うと、同じ作業にも“気づき”が生まれます。

弊社の商品撮影サービスは、未だ完璧なサービス内容とは言えません。
1つだけ確かなことは、「商品写真を納める先の顧客が喜ぶものを探求していること」
もしかしたら、弊社に乗りかえて頂く利用者が増える理由が、ここにあるのかもしれません。

商品撮影.SHOPのサービス6つの特徴

弊社の商品撮影サービスの特徴と撮影業者の在り方を動画でも紹介中です!

サービスの特徴1撮影業務に妥協しない

商品撮影の実務経験から生まれたサービスとして作業の必須項目に手を抜かない運営方針。撮影現場のワークフローは、スタジオの特徴を表す分野です。「売れる商品写真を撮る」という微妙な表現より、現実的な丁寧な仕事が支持されています。

サービスの特徴2明確な撮影料金の提示

依頼先、撮影回毎に「キチンと見積書を提出」。商品写真の撮り方やカット数の調整で変化する料金を明確化することで、余計な費用は頂きません。必要なのは撮るというサービスに対しての正当な報酬のみです。

サービスの特徴3商品写真の色へのこだわり

納品する商品写真は、都度現場ワークとして照明環境によるカラーバランスを調整後、カラーマネジメントされた安定した色の再現が可能なモニター環境で現像編集チェックを行い、正確な色を必要とする商品画像を納品します。

サービスの特徴4正直な撮影プランの提案

商品撮影サービスは依頼先毎に内容は異なります。最適なプランの提案と撮影内容の見直しなど不要なコストや撮影対象によって効果の少ない撮影方法などは正直に申し上げます。直近の利益よりも将来的な利益を共有できることに尽力します。

サービスの特徴5撮影小物レンタル無料

商品写真を撮るために必要な小物は弊社備品であればすべて無料レンタル利用できます。壁紙背景、カラー背景、布地に床材などイメージに合わせたコーディネート対応の相談も可能です。

サービスの特徴6商品撮影だけで勝負している!

弊社は姉妹サイトを含め15年以上「商品撮影サービスだけ」でサイト運用をし、評価を得てきた自信があります。写真だけで勝負してきた運営方針は、現在の代行業者には珍しいと自負してます。

商品撮影の依頼とお問い合わせ先

撮影のご相談窓口

初めて商品撮影サービス利用する方は、撮影料金や指示方法などが分からない・・という事もよくあります。
まずは何でも撮影するのではなく、現在のネット通販の動向を踏まえた上で、「必要なものをしっかり共有する」これが商品撮影を成功させるポイントだと考えます。
商品数や希望カット数などが既に決まっており、撮影料金のお見積りをご希望の方もお気軽にお申し付け下さい。

商品撮影のご相談はコチラ

商品撮影.shopのサービスに関する新着情報やコラム記事をCheck!

商品撮影サービスをブログに活用するヒント

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/15

商品撮影サービスをブログに活用するヒント

ネットで物販を行うために必要なものは何か? もちろん商品が買えるECサイトがなければ話にはなりません。 では、楽天市場やヤフーショッピング、はたまたアマゾンに出店すれば成功するのか? いいえ、大手の出店先にオープンした所でネットショップが上手くいくなんていう確約はありません。 ではでは、自社サイトを運営して、SNSなどの今話題となっているツールを活用して商品をアピールすれば成功するのか? これも正解のようですが、サイトを構築しただけ、SNSを配信してるだけでは盤石の運営体制には結びつきません。 なぜ冒頭か ...

続きを読む

吊るし撮りしたスカートの切り抜き加工

商品撮影サンプル

2018/10/12

吊るし撮影したスカートの切り抜き加工

アパレル向け商品撮影の方法として「吊るし撮影」は人気ですが、スカートなどのボトムスに属するアイテムでは、物撮り後に商品部分を切り抜き加工をする際に、吊るした箇所(ハンガーやピン)が目立ってしまうのでは?という心配をされる方もいらっしゃいます。 例えば、スカートをハンガーで吊るし撮影をする際には、どうしても商品を挟んでいるクリップ部分が目立ってしまいます。 トップス用のハンガーに比べて、スカートなどのボトムス用のハンガーにはクリップで留めるタイプが多いのですが、撮影後に商品の切り抜きを行う時には、生地を挟ん ...

続きを読む

商品撮影サンプル

2018/10/9

メガネとサングラスの商品撮影

メガネとサングラスの商品撮影が盛んになった背景として、本来はメガネを指す言葉ではなかった、「アイウェア」という考えがファッション業界で使用されたことで、メガネ、サングラスやゴーグルなど、度付き、度なしメガネを問わず、ネットショップの通販サイトでも、ファッションアイテムとして広く扱われる商品となりました。 これらのアイテムの商品撮影を行おうと試みた時に、透明なレンズやサングラスの用にレンズ部分が鏡面になる商品では自社撮影を諦めるネットショップも多いはずです。 メガネやサングラスの、基本となる説明用の商品写真 ...

続きを読む

重要になる商品撮影サービスの代行内容

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/6

重要になる商品撮影サービスの代行内容を考える

商品撮影サービスの醍醐味といえば、「綺麗なイメージ写真」と考える人もいるかもしれませんが、それはネットショップに訪問者が増え、商品ページを閲覧した段階で重要となる“判断材料としての写真素材”でしかなく、現在の時流では、どれだけイケてるイメージ写真をメイン画像として用意し、他社との差別化をしたくても出店先によっては実現できない状況になっている。 アマゾンのメイン画像の白い背景の規定については、ご存知かと思いますが、楽天市場も2018年7月下旬から本格的に商品撮影時、または加工後の商品写真の背景については、シ ...

続きを読む

商品撮影でネットショップへの返品を軽減する

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/3

商品撮影でネットショップへの返品を軽減する

商品撮影を代行業者に外注する理由として、「ネットショップへの返品を解消したい」という声も多い。 実店舗型のショップと比較してネット通販の最大の弱点は、「返品」と言っても過言ではない。 もちろん実店舗であれば、商品を実際に手に取って、色合いや質感、サイズを確認できるが、ネットショップの場合は、今後どれだけVRやAR、はたまたMRの技術が進んだとしても「現物が無い」という状況であれば、返品は必ず起こることであり問題点を見直し軽減対策を取ることは大事です。 実際に大手の通販サイトでは、サイズ上の返品対策として、 ...

続きを読む

人気の撮影ランキング!

ハンガー吊るし撮影料金 1

ハンガー吊るし撮影を依頼して良かったと感じて頂ける「商品写真として納得のレベル」にするためには、1点毎に丁寧な下準備が必要になります。 納得のいく料金はもちろんですが、安さを追求したばかりに撮影業者に ...

反射・光沢品の撮影料金 2

商品撮影の分野で反射・光沢品とは何か? シンプルに考えるのであれば、時計や貴金属といった代表的なものから、反射して輝く!?という意味ではスマホ用のガラス保護フィルムやメガネのような、アイテムまで「光沢 ...

トルソー撮影料金 3

アパレル通販ショップにとって、「トルソー撮影による着用感の表現」は、撮影料金をかける効果はあると考えます。 トルソーとマネキン、その違いは胴体部分に頭部や両腕・両脚があるものが「マネキン」、トルソーは ...

平置き撮影料金 4

商品撮影の分野において、平置き撮影という方法は、もっとも聞き慣れた商品写真の撮影方法だと思います。 背景とカメラの前に商品を並べ、ライティングをすること・・ とてもシンプルな作業ですが、撮影スタジオに ...

ピン留め吊るし撮影料金 5

ピン留め吊るし撮影は、主に「切り抜き加工」を前提とした撮影方法だと感じているショップも多いかもしれません。 弊社でも紙媒体での掲載目的を中心に依頼されることが多いのが、このピン留め吊るし撮影です。 同 ...

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.