Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スタジオブログ 商品撮影&写真について

商品撮影のライティングに思うこと

更新日:

撮影業者が語るべきライティング技術

商品撮影のライティングに思うこと
現在のネットの情報では定常光やストロボを使用した「綺麗に魅せる」商品撮影のライティング講座みたいなものを目にすることが多いのですが、こうした記事を読む人の多くは、「これから商品撮影を自分でやってみよう」という人かもしれない。

細かいことを言ってしまえば、光をコントロールして写真を撮るということは、ストロボ1つとっても、メーカーや年式、発光管の経年劣化でも色合いは簡単に変わってしまう。

デジタル写真全盛の今では、そうした現場のライティング作業の差異を補う「デジタル処理」も方法としては一般的ですが、色合いなどをコントロールするのは、やはり「それなりのモニター環境や整備」が必要です。

例えば、物凄いライティングについて細かく書いてある記事があったとして、作成事例として掲載されている写真がコントラストを効かせ過ぎていたり、黒つぶれ、白潰れがあると、「これが商品写真のライティング」として誰かが参考にしていることに驚くこともあります。

私たちのような撮影業務に携わる人間が、商品写真のライティングや撮り方について語るのは自由ですが、根本的に伝えなければならないことがあるとすれば、

読むだけで習得できる技術なんてない!

この前提を無視して、「自己満足なライティング講座」をするのは個人的には好きではありません。

商品撮影をするために、こうした機材を揃えましょう。
この文章自体、怪しいものですww

そもそもライティングのために必要な機材を揃える時は、「撮りたい写真がある時」です。
小物雑貨を扱っている人であれば、もしかしたらストロボなど、敢えて機材を揃える必要がなく、太陽光の方が商品自体の良さが伝わるかもしれない。

写真を撮るためには「光が必要」であり、光の中で最高のものは、「太陽」です。
きっと窓を見れば、晴れでも曇りでも必ず太陽の光は注いでいます。

しかし、太陽光が注いでいる状況で撮影をするだけでは、「ライティング」とは呼べません。
ライティングとは、自分で光をコントロールして、「撮りたい写真」に近づける技術です。

ライティングの基本的な考え方

ライティングの基本的な考え方
商品撮影のライティングに限らず、写真を撮る時に意識することは「太陽は1つ」という揺るがない事実があります。
ことネットの記事では、カッコよく魅せるライティングとか、商品を引き立てるライティングとか、何か階段を数段飛ばしするようなステップアップ術があったりしますが、私としては、ライティングとは次の5つの要素で成り立っていると考えています。

1:光の質感(硬いのか柔らかいのか)
2:光の強さ(どこまで届くのか)
3:光の角度(どの方向から当てるのか)
4:光の範囲(面として大きか小さいか)
5:光の演出(人工的に足す部分)

あくまでこれは、写真界の巨匠が語る撮影講座ではなく、私の経験に基づくものなので参考にしないで下さいww
これを読んだだけではライティング技術が身に付くわけではなく、具体的な例など分からないはずです。
この5項目を挙げた理由は、1~4までは、高価な撮影照明機材を使わなくても、「太陽の光」で考えることが出来るという点です。
ライティングを構成する時に演出方法ばかりを気にするということは、太陽光、つまり自然と逆行する行為だということです。

商品撮影におけるライティングの基本的な考え方は、「商品を伝えること」が90%であって、「演出して魅せること」は10%くらいの配慮で丁度良いと考えています。
とはいえ、撮影スタジオや写真マニアによっては、演出に100%全力投球するパターンもありますが、商品写真は、「消費者が購入する判断材料となる写真」であり、商品写真のライティングの基本を考えるならば、過度な演出は避けたいと思うのです。

ライティングの引き算と手抜きは違う

ライティングの引き算と手抜きは違う
ライティングの基本的な考え方としては上記に述べたようになりますが、業務として商品撮影のライティングを組むとなると、ライティングの5つの要素を駆使していくことになります。

そして意外とネット情報で触れられていないのは、「何を基準にライティングをするのか?」という前提です。
無論、商品撮影の場合は商品が基準ですが、その次の基準は、カメラの設定です。

要は、ストロボや定常光などの照明機材の設定からライティングを組むのではなく、カメラ側の設定を決めてからライティングを行う方が初心者には理解しやすいのかもしれません。

私が自称カメラマンのライティングの記事などを読んでいて疑問に感じるのは、「照明が強すぎる場合は、カメラのシャッタースピードや絞りを変えましょう」と平気で書いていたりします。

それは光をコントロールするライティング技術ではなく、まさに行き当たりばったりの「撮るだけの技術」です。
特殊なストロボを使う時以外は、カメラ側のシャッタースピードはある程度決まっています。
そして、商品全体をシャープに写したいのであれば、自然と撮りたいF値の最小(最高)値が見つかるはずです。

カメラ側で撮りたい設定値が決まれば、あとはストロボの光量などを「撮りたいものに近づけるために調整する」、これがライティングを行うという行為の1つです。

「自分の持っているストロボだと光が強いからカメラの設定を変えよう」という考えではなく、ストロボ光が強いから、どうやって弱く(減光・拡散)するのかを考えるのがライティングです。

商品撮影のライティングは、カメラの知識や光に関する様々な知識と応用が必要です。
そこにある光から設定を詰めていく撮影方法も間違ってはいないのですが、商品撮影でライティング(光をコントロールする作業)というのは、前提としてカメラの設定から組んでいくべきものだと思います。

光を当てる方向や演出方法のパターンばかりを公開するのではなく、まず大事なことは「ライティング」とは何かを知ることかもしれません。

まとめ

商品撮影に関するHOWTOマニュアルは多く存在しています。
ライティングに関しては、多様な立場で見解を述べることの出来る分野でもあります。
しかし、ライティング技術を身につけることは、「実際に撮る、学ぶ、改善する」を繰り返すうちに培われていく技術であり、撮影業者が受け取る撮影料金には、そうした技術料も含まれているはずです。

誰でも撮れる商品撮影BOXやら、簡単手軽にライティング!という触れ込みは、趣味の範囲の写真撮影術であり、なぜメーカーや大手の通販サイト、はたまた売れている通販ショップが例に漏れず、専門の撮影チームを作ったり、撮影業者に任せるのか?、きっとそれは、趣味の範囲の商品写真では消費者に公開できないことを知っているからなのかもしれません。

弊社の商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/21

商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい!?

商品撮影のサービス料金、業界最安値! もし弊社が業界最安値の撮影単価のみに魅力を感じ依頼をしようとするネットショップに、破格の撮影料金を提示さえすれば、サービスとして強みになるのか? 個人的には、単純に料金を下げることには反対です。 最近はありがたいことに弊社の商品撮影サービスに対して問い合わせも増えており、ブログを読んで共感したという感謝しか無いお言葉を頂いたりと、気分的に“ほっこり”しているのですが、一方で、こんな問い合わせもあります。 たくさん出すから撮影料金を値引いてくれ! 商品写真のクオリティー ...

続きを読む

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/13

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

商品撮影のサービスというと、製品などの静物の物撮りはもちろん、着用イメージや使用方法などの説明用の画像に人物を含めて撮ったりと、幅広いジャンルのように思われるかもしれませんが、根本的には、「商品を主軸」に撮影プランが組まれています。 では、同じ商品撮影のスタジオワークとして、ウェディング撮影や七五三写真、ペットから建築写真や企業撮影などなど 撮影ジャンルが多岐に渡る場合、撮影業者(スタジオ)には各ジャンルごとに「専門のカメラマン」が存在するはずです。 例えば、私の場合は、企業向けの商品撮影から撮影キャリア ...

続きを読む

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/6

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

ECサイトの担当者が撮影代行を業者に依頼する。 こうした撮影オーダーの流れの中で、普通に考えれば、商品撮影を担当するのは、撮影代行を依頼した先、つまりスタジオの専属のカメラマンが写真を撮っていると信じている人も多いのではないでしょうか? もちろん例に漏れず、私もそう信じておりました。 しかし、最近ではネット上で手軽にカメラマンとの契約をする求人システムが盛んになっており、ECサイトの撮影代行をしている業者によっては、自社で撮影は行わず、外注カメラマンに委託することもあるようです。 弊社の場合、商品撮影を担 ...

続きを読む

洋服撮影のテクニック情報

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/29

洋服撮影のテクニックの情報があっても商品撮影を外注に出す理由

洋服撮影のテクニックは、ネットを探せばいくらでも自分で撮る方法を見つけることができます。 しかし、商品撮影サービスの仕事をしていると、自社で洋服を撮っていたけど、方向転換して弊社のような撮影業者に外注するネットショップも少なくありません。 洋服撮影を行うためのテクニックが書かれた記事や、動画サイトで撮影模様も確認して、洋服を撮るために必要な撮影機材も揃えたにも関わらず、弊社の商品撮影サービスを利用することにしたのはなぜでしょうか? 前向きに考えれば、自社で洋服撮影を行い、売上が上がったことにより外注費用の ...

続きを読む

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/22

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

物撮りの格安サービスについて撮影業者として、何かと意見を申し上げている当サイトですが、何年かぶりにネット上で「物撮り」を行っているサービスサイトのページを拝見してみたら、「衝撃の!」とか「なんと!」のような感嘆符を用いて、いかに自社の物撮りが格安の料金体系なのかをアピールしている状況というのは、数年前からそれほど変わっていないようです。 商品撮影、特に物撮りジャンルは、個人・企業含め相当な数のサイトが乱立しており、価格を下げた商品写真の提供を心掛けなければ、撮影だけで生き残るのは難しい時代なのかもしれませ ...

続きを読む

-スタジオブログ, 商品撮影&写真について
-, , ,

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.