Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スタジオブログ 商品撮影&写真について

こんな理由で撮影方法を選んでいませんか?

更新日:

服の透ける素材、薄い生地の撮影について

撮影方法の選び方
まずはオープン早々で、お問い合わせ頂きましたお客様に感謝致します。
商品撮影の方法についてはそれぞれプラン毎に詳細を確認して頂いておりますが、ご不明な点があればお気軽にご相談下さい。

ということで、今回ご質問があったのは、レディースアパレル商品を扱っているショップが、トルソー撮影を予定。
撮影を依頼する時、コーディネート用のインナーは自社で用意しなければならないのか?というものでした。

確かに春夏シーズンの女性用の服でよく目にする “生地の薄い素材” いわゆる「透け感」のあるアイテムです。
実際購入した人は、着用時にインナーを重ね着するのですが、撮影段階で実際の着用イメージに近づけるために、わざわざインナーを購入して用意するのは気が引けるというものでした。

でも意外とこういうお客様って多いんですよね。
「自社で用意するのが嫌だから平置き撮影」、でも本当は「トルソー撮影が希望」というパターン。

アパレルのモデル撮影でもよくある質問なのですが、弊社の場合、定番カラーとなるインナーアイテムやメインの商品に邪魔にならない程度の組み合わせ用のアイテムは備品としてストックがございます。

確かに透ける素材の商品をトルソーで撮影する時に、商品をそのまま直に着せ込みして撮影するのは、リアルといえばリアルですが、仕上がり写真の見た目も良いものではありません。

経験上、こうした生地が薄い素材の商品は「風合い」が重要だったりするので、平置き撮影よりも立体感の出るトルソー撮影が向いています。

アパレルに適した撮影方法とは

透け感のある素材の撮影
弊社のサイトの平置き撮影ページのサンプル画像にはシンプルな商品(トップス)の写真を掲載しています。
他のサンプルは帽子だったり、靴だったりしているのには理由があります。

アパレル商品の写真を考えた時、平置きで撮影を行う目的と、トルソー撮影で行う目的は違います。
ネット通販サイトでは圧倒的に「平置き撮影」のイメージが強いかもしれませんが、これには1つ条件があります。

「服の撮影で平置き画像だけで勝負しているショップは少ない」

これに着目して、普段みなさんが閲覧している通販サイトをもう1度ご確認下さい。
必ず売れているショップは、「服を平面から見た画像だけで販売していない」という事が分かるはずです。

例えば、「平置き撮影とモデル着用画像」、または「平置き撮影とトルソー撮影」、変化球で「平置き撮影とハンガー吊るし」など、必ず平面と立体という2つの説明画像をミックスして商品ページを構成しています。

物撮り専門サイトとしては、撮影方法を2つ選んで頂くことは理想ですが、それでは1つの商品にかける撮影費用も膨らんでしまいます。

撮影パターンが欲しいが、予算的に・・

そんな時は、応用としてこんな提案もしています。

「トルソー撮影メインでハンガー吊るしを1カット付ける」

要は、通常であればトルソー撮影で1着1,500円+ハンガー吊るし撮影で1,000円となるものを、カット調整を行うことで撮影単価を下げるという提案です。

そもそも商品撮影のオーダーというのは、多様なパターンがあって当然です。
そのことについては当サイトでも「撮影パターンの柔軟性」として謳っております!

撮影方法が2パターン欲しいというのは、「商品写真をより伝わりやすくしたい」というショップ側の心構えです。
そして、そうしたユーザー目線の販売を心掛ける担当者を支えるのが、撮影業者の仕事だと感じています。

もしも迷ったら、「服の撮影で色んなパターンで商品を伝えたい!何か方法はないか?」とお申し付け下さい。

商品撮影のご相談はコチラ

ネットで撮影をオーダすること

ネット注文について
こうした料金面から見た撮影方法の理想と現実というのは、ネットならではの「撮影サービスの受付システムを単純化する弊害」もあると考えています。

例えば、上記のように撮影方法を組み合わせるような自由にカスタマイズできるサービスを提供しようとすれば、撮影料金の項目は「応相談」となってしまいます。
本来であれば、「クライアントに合わせた料金設定」ができる柔軟性を意味する「応相談」なのですが、ネット上ではこうした書き方は、「料金が見えない不親切なサイト」と判断されてしまいがちです。

弊社の場合についても、一般公開しているそれぞれの撮影単価というのは存在しますが、単純にネット上で撮影数を入力、あとは決済ボタンで料金確定&オーダー完了!というシステム(手順)を採用していません。

まずはお客様それぞれに合った撮影方法と作業内容から基準単価にプラスするのか、それともマイナスにするのかを判断して見積書を作成・提出してから、最終的なオーダーを頂いております。

正直申し上げて、簡単にショッピングカートで受付できれば、労力的には格段に楽ができますww
しかし写真撮影という分野でサービスを行う以上、「省いてはいけない作業」があると感じており、撮影に入る前からできる「クライアントの意向を考える」良い機会だと捉えています。

ネットで撮影を受付けるということは、何も手軽さだけがお客様のためになるわけではないのかもしれません。

商品撮影のご相談はコチラ

まとめ

商品撮影の相談というのは、初めて撮影を依頼する人にとっては、分からないことばかりです。
業者によっては、撮影方法によってセッティングが違うから撮れない!と一蹴する業者もいるようですが、きっとお客様が知りたいのは、同じセッティングで無理に撮った場合、どの程度の写真になってしまうのか?を気にしているのではないでしょうか。

撮影スタジオによって規則や考え方はあるとは思いますが、「もし撮影側が納得いくレベルではなくても、お客さんが納得できる」と判断すれば、そこは柔軟な対応をみせて決められた環境で最高のものを目指すのがプロなのではと考えます。

撮影方法に迷った場合は、まず撮影業者と話してみることで、「方法論より大事なフィーリング」が分かるかもしれません。
商品撮影とは、撮ることだけがサービスではありません。

弊社の商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/21

商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい!?

商品撮影のサービス料金、業界最安値! もし弊社が業界最安値の撮影単価のみに魅力を感じ依頼をしようとするネットショップに、破格の撮影料金を提示さえすれば、サービスとして強みになるのか? 個人的には、単純に料金を下げることには反対です。 最近はありがたいことに弊社の商品撮影サービスに対して問い合わせも増えており、ブログを読んで共感したという感謝しか無いお言葉を頂いたりと、気分的に“ほっこり”しているのですが、一方で、こんな問い合わせもあります。 たくさん出すから撮影料金を値引いてくれ! 商品写真のクオリティー ...

続きを読む

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/13

写真なら何でも代行する商品撮影サービスの落とし穴

商品撮影のサービスというと、製品などの静物の物撮りはもちろん、着用イメージや使用方法などの説明用の画像に人物を含めて撮ったりと、幅広いジャンルのように思われるかもしれませんが、根本的には、「商品を主軸」に撮影プランが組まれています。 では、同じ商品撮影のスタジオワークとして、ウェディング撮影や七五三写真、ペットから建築写真や企業撮影などなど 撮影ジャンルが多岐に渡る場合、撮影業者(スタジオ)には各ジャンルごとに「専門のカメラマン」が存在するはずです。 例えば、私の場合は、企業向けの商品撮影から撮影キャリア ...

続きを読む

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/6

ECサイトの撮影代行は誰が撮っているかが重要

ECサイトの担当者が撮影代行を業者に依頼する。 こうした撮影オーダーの流れの中で、普通に考えれば、商品撮影を担当するのは、撮影代行を依頼した先、つまりスタジオの専属のカメラマンが写真を撮っていると信じている人も多いのではないでしょうか? もちろん例に漏れず、私もそう信じておりました。 しかし、最近ではネット上で手軽にカメラマンとの契約をする求人システムが盛んになっており、ECサイトの撮影代行をしている業者によっては、自社で撮影は行わず、外注カメラマンに委託することもあるようです。 弊社の場合、商品撮影を担 ...

続きを読む

洋服撮影のテクニック情報

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/29

洋服撮影のテクニックの情報があっても商品撮影を外注に出す理由

洋服撮影のテクニックは、ネットを探せばいくらでも自分で撮る方法を見つけることができます。 しかし、商品撮影サービスの仕事をしていると、自社で洋服を撮っていたけど、方向転換して弊社のような撮影業者に外注するネットショップも少なくありません。 洋服撮影を行うためのテクニックが書かれた記事や、動画サイトで撮影模様も確認して、洋服を撮るために必要な撮影機材も揃えたにも関わらず、弊社の商品撮影サービスを利用することにしたのはなぜでしょうか? 前向きに考えれば、自社で洋服撮影を行い、売上が上がったことにより外注費用の ...

続きを読む

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/10/22

物撮りを格安に済ませたい人のチェックシート

物撮りの格安サービスについて撮影業者として、何かと意見を申し上げている当サイトですが、何年かぶりにネット上で「物撮り」を行っているサービスサイトのページを拝見してみたら、「衝撃の!」とか「なんと!」のような感嘆符を用いて、いかに自社の物撮りが格安の料金体系なのかをアピールしている状況というのは、数年前からそれほど変わっていないようです。 商品撮影、特に物撮りジャンルは、個人・企業含め相当な数のサイトが乱立しており、価格を下げた商品写真の提供を心掛けなければ、撮影だけで生き残るのは難しい時代なのかもしれませ ...

続きを読む

-スタジオブログ, 商品撮影&写真について
-, , , , ,

Copyright© 商品撮影.shop , 2018 All Rights Reserved.