Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スタジオブログ 商品撮影&写真について

こんな理由で撮影方法を選んでいませんか?

更新日:

服の透ける素材、薄い生地の撮影について

撮影方法の選び方
まずはオープン早々で、お問い合わせ頂きましたお客様に感謝致します。
商品撮影の方法についてはそれぞれプラン毎に詳細を確認して頂いておりますが、ご不明な点があればお気軽にご相談下さい。

ということで、今回ご質問があったのは、レディースアパレル商品を扱っているショップが、トルソー撮影を予定。
撮影を依頼する時、コーディネート用のインナーは自社で用意しなければならないのか?というものでした。

確かに春夏シーズンの女性用の服でよく目にする “生地の薄い素材” いわゆる「透け感」のあるアイテムです。
実際購入した人は、着用時にインナーを重ね着するのですが、撮影段階で実際の着用イメージに近づけるために、わざわざインナーを購入して用意するのは気が引けるというものでした。

でも意外とこういうお客様って多いんですよね。
「自社で用意するのが嫌だから平置き撮影」、でも本当は「トルソー撮影が希望」というパターン。

アパレルのモデル撮影でもよくある質問なのですが、弊社の場合、定番カラーとなるインナーアイテムやメインの商品に邪魔にならない程度の組み合わせ用のアイテムは備品としてストックがございます。

確かに透ける素材の商品をトルソーで撮影する時に、商品をそのまま直に着せ込みして撮影するのは、リアルといえばリアルですが、仕上がり写真の見た目も良いものではありません。

経験上、こうした生地が薄い素材の商品は「風合い」が重要だったりするので、平置き撮影よりも立体感の出るトルソー撮影が向いています。

アパレルに適した撮影方法とは

透け感のある素材の撮影
弊社のサイトの平置き撮影ページのサンプル画像にはシンプルな商品(トップス)の写真を掲載しています。
他のサンプルは帽子だったり、靴だったりしているのには理由があります。

アパレル商品の写真を考えた時、平置きで撮影を行う目的と、トルソー撮影で行う目的は違います。
ネット通販サイトでは圧倒的に「平置き撮影」のイメージが強いかもしれませんが、これには1つ条件があります。

「服の撮影で平置き画像だけで勝負しているショップは少ない」

これに着目して、普段みなさんが閲覧している通販サイトをもう1度ご確認下さい。
必ず売れているショップは、「服を平面から見た画像だけで販売していない」という事が分かるはずです。

例えば、「平置き撮影とモデル着用画像」、または「平置き撮影とトルソー撮影」、変化球で「平置き撮影とハンガー吊るし」など、必ず平面と立体という2つの説明画像をミックスして商品ページを構成しています。

物撮り専門サイトとしては、撮影方法を2つ選んで頂くことは理想ですが、それでは1つの商品にかける撮影費用も膨らんでしまいます。

撮影パターンが欲しいが、予算的に・・

そんな時は、応用としてこんな提案もしています。

「トルソー撮影メインでハンガー吊るしを1カット付ける」

要は、通常であればトルソー撮影で1着1,500円+ハンガー吊るし撮影で1,000円となるものを、カット調整を行うことで撮影単価を下げるという提案です。

そもそも商品撮影のオーダーというのは、多様なパターンがあって当然です。
そのことについては当サイトでも「撮影パターンの柔軟性」として謳っております!

撮影方法が2パターン欲しいというのは、「商品写真をより伝わりやすくしたい」というショップ側の心構えです。
そして、そうしたユーザー目線の販売を心掛ける担当者を支えるのが、撮影業者の仕事だと感じています。

もしも迷ったら、「服の撮影で色んなパターンで商品を伝えたい!何か方法はないか?」とお申し付け下さい。

商品撮影のご相談はコチラ

ネットで撮影をオーダすること

ネット注文について
こうした料金面から見た撮影方法の理想と現実というのは、ネットならではの「撮影サービスの受付システムを単純化する弊害」もあると考えています。

例えば、上記のように撮影方法を組み合わせるような自由にカスタマイズできるサービスを提供しようとすれば、撮影料金の項目は「応相談」となってしまいます。
本来であれば、「クライアントに合わせた料金設定」ができる柔軟性を意味する「応相談」なのですが、ネット上ではこうした書き方は、「料金が見えない不親切なサイト」と判断されてしまいがちです。

弊社の場合についても、一般公開しているそれぞれの撮影単価というのは存在しますが、単純にネット上で撮影数を入力、あとは決済ボタンで料金確定&オーダー完了!というシステム(手順)を採用していません。

まずはお客様それぞれに合った撮影方法と作業内容から基準単価にプラスするのか、それともマイナスにするのかを判断して見積書を作成・提出してから、最終的なオーダーを頂いております。

正直申し上げて、簡単にショッピングカートで受付できれば、労力的には格段に楽ができますww
しかし写真撮影という分野でサービスを行う以上、「省いてはいけない作業」があると感じており、撮影に入る前からできる「クライアントの意向を考える」良い機会だと捉えています。

ネットで撮影を受付けるということは、何も手軽さだけがお客様のためになるわけではないのかもしれません。

商品撮影のご相談はコチラ

まとめ

商品撮影の相談というのは、初めて撮影を依頼する人にとっては、分からないことばかりです。
業者によっては、撮影方法によってセッティングが違うから撮れない!と一蹴する業者もいるようですが、きっとお客様が知りたいのは、同じセッティングで無理に撮った場合、どの程度の写真になってしまうのか?を気にしているのではないでしょうか。

撮影スタジオによって規則や考え方はあるとは思いますが、「もし撮影側が納得いくレベルではなくても、お客さんが納得できる」と判断すれば、そこは柔軟な対応をみせて決められた環境で最高のものを目指すのがプロなのではと考えます。

撮影方法に迷った場合は、まず撮影業者と話してみることで、「方法論より大事なフィーリング」が分かるかもしれません。
商品撮影とは、撮ることだけがサービスではありません。

商品撮影サービスの撮影照明のセッティングで料金が変わるのはおかしい!?

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/2/27

商品撮影の撮影照明のセッティングで料金が変わるのはおかしい!?

先日、弊社の商品撮影をご利用頂いた、アパレル商品を扱うネットショップの担当の方から、こんな話を聞く機会がありました。 某担当者御社(商品撮影.SHOP)は、撮影の照明セッティングの希望を出しても料金が変わらないから安心した 弊社担当基本作業費に1つ分のセッティング費用は入っていますので、特別なケース以外、撮影照明(セッティング)を変更したから高いということは、殆どありません そう伝えると、弊社に来る前に某撮影スタジオから、撮影照明(ライティング)によって、撮影料金が高くなると言われた経験を話してくれました ...

続きを読む

商品撮影サービスの単価は配送料も含めたコストで考えてますか?

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/2/19

商品撮影サービスの単価は配送料も含めたコストで考えてますか?

商品撮影サービスをやっていると避けて通れないのが、撮影料金、単価の割引交渉になるシーンです。 弊社の場合、撮影対象となる商品ジャンルやカット内容を検討して、“最大限の努力” は、行っているのですが、そうした調整を試みて、最終的なお見積書を作成、提出していても、稀に常套文句として発せられる言葉が、 「他の撮影スタジオは、もう少し単価は安くなるんだけど・・」 本当にサラッと言われる脅し・・いやwwお願いですw 本音としては、別のスタジオの撮影料金のシステムは、そもそも「撮影作業の内容も質も違う」と、事細かく説 ...

続きを読む

商品撮影サービスの業者が注目するネットショップで客が買わない理由

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/2/14

商品撮影サービスの業者が注目するネットショップで客が買わない理由

商品撮影サービスを通じて、ネットショップの売上向上を願い物撮りを行い、データを納品している私達にとって、ネットから商品を購入する消費者が増えることは、クラアントとの仕事上の関係を良好に保つことができる要因でもあります。 平成最後の年ということで、「ネットで商品を買う」という消費者行動を少し振り返れば、1995年に大手小売店のソフマップがネット通販に参入し、その後タワーレコードやアサヒビールなど続々とネットショップをスタートさせていきました。 ちなみに、今では主流となっている大手ECモールとしては、1996 ...

続きを読む

商品撮影も文章のライティングも代行任せで大丈夫なのか?

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2019/1/29

商品撮影も文章のライティングも代行業者に任せて安心なのか?

ネットショップの中には、商品撮影を行う業者に撮影と同時に商品ページのライティング(料金を払い文章や登録を代行・代筆)を依頼しているケースもあると思います。 商品ページのライティングの代行については、商品撮影とページ制作を同一の撮影スタジオ(業者)で行うことにより、消費者に向けた商品アピール(訴追力)が向上するというのが、宣伝文句として、よく見かけるパターンです。 商品撮影とページ構成(デザイン)の連携 簡単に言えば、同じ業者が商品撮影からデザイン・ページ制作まで行えばスッキリするよという話。 代行業者の言 ...

続きを読む

弊社の商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい

スタジオブログ 商品撮影&写真について

2018/11/21

商品撮影の料金が高いと感じるのはヤバい!?

商品撮影のサービス料金、業界最安値! もし弊社が業界最安値の撮影単価のみに魅力を感じ依頼をしようとするネットショップに、破格の撮影料金を提示さえすれば、サービスとして強みになるのか? 個人的には、単純に料金を下げることには反対です。 最近はありがたいことに弊社の商品撮影サービスに対して問い合わせも増えており、ブログを読んで共感したという感謝しか無いお言葉を頂いたりと、気分的に“ほっこり”しているのですが、一方で、こんな問い合わせもあります。 たくさん出すから撮影料金を値引いてくれ! 商品写真のクオリティー ...

続きを読む

-スタジオブログ, 商品撮影&写真について
-, , , , ,

Copyright© 商品撮影.shop , 2019 All Rights Reserved.